2011年1月29日土曜日

メールサーバを新しくする実験 【mailArchivaの導入】

メールサーバが動き出したところで、メールをアーカイブする仕組みを導入。
導入先はZimbraが可動しているサーバ(別でもOK)

今回は メールアーカイブ MailArchiva を利用させていただきました。

【ダウンロード】
上記サイトから


  • MailArchiva Open Source Edition(本体)
  • 日本語パッケージ

をダウンロードする。


【展開&インストール】
$ tar zxf mailarchiva_server_opensource_linux_v1_9_13.tar.gz
$ cd mailarchiva_dist/
$ sudo ./install.sh

MailArchiva Open Source Edition Install/Upgrade
Copyright (c) 2005-2009 Jamie Angus Band

Thank you for downloading MailArchiva Open Source Edition
This script can be used for upgrade purposes as it will always preserve your settings!

To install/upgrade, please enter your registration details below:
Full Name:
Company Name:
Email Address:
Telephone Number:
No Mailboxes:
Max heap size [256m-2048m]?:
server will use 2048m RAM
Using CATALINA_BASE:   /usr/local/mailarchiva/server/../server
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/mailarchiva/server/../server
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/mailarchiva/server/../server/temp
Using JRE_HOME:       /usr/local/mailarchiva/server/../jre
mailarchiva server is installed and running
web console is accessible at http://localhost:8090/mailarchiva
note: default console login username and password is admin
visit http://knowledge.mailarchiva.com for extra tips!

日本語化するために一度止める
$ sudo /etc/init.d/mailarchiva stop

【日本語化】
※ 詳しくはマニュアル参照 ※
$ unzip mailarchiva_ja_20090608.zip
$ cd mailarchiva_ja_20090608
$ sudo cp application_ja.properties /usr/local/mailarchiva/server/webapps/mailarchiva/WEB-INF/classes/properties/
$ sudo rm -fr /usr/local/mailarchiva/server/webapps/mailarchiva/WEB-INF/classes/org/frontbox
$ sudo rm -fr /usr/local/mailarchiva/server/webapps/mailarchiva/WEB-INF/lib/pdfbox-0.80.jar
$ sudo cp *.jar /usr/local/mailarchiva/server/webapps/mailarchiva/WEB-INF/lib/

【自動起動ON】
$ sudo /sbin/chkconfig mailarchiva on

【初期設定】
ブラウザで
http://****:8090/mailarchiva/signonform.do
へアクセス(初期ID/PASSは admin / admin)

可能なら https 必須とすべき

ログインパスワードの変更
設定 → ログイン
マスターパスワード、デフォルトログインドメインを指定。

インデックスの設定
設定 → 一般 → インデックス設定 →  メールインデキシングにのデフォルトの言語 → 日本語


メール暗号化パスワードの登録
設定 → ボリューム

  1. 暗号化パスワードを指定して保存
  2. 新しいボリュームを作成して保存。



【Zimbraとの連携】
もともとZimbraの設定があるみたいなんだけど、Postfix向け設定を使ってます。
$ sudo vi /opt/zimbra/postfix/conf/main.cf
milter_default_action = tempfail
smtpd_milters = inet:127.0.0.1:8092
$ sudo /etc/init.d/zimbra restart

テストメールを送受信し、mailArchiva側に来ているかを確認する。

0 件のコメント: